ラウンドプレーントゥ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

ラウンドプレーントゥ

¥8,800 税込

送料についてはこちら

  • XS(24.5cm〜25.0cm相当)

  • S(25.0cm〜25.5cm相当)

  • M(26.0cm〜26.5cm相当)

  • L(27.0cm〜27.5cm相当)

▼詳細 Re:では「繰り返し使える半歩先のベーシック」をコンセプトに商品づくりを重ねてきました。 日本のように多雨で、例えば東京では雨が1年に103日も降るような気候に適したアイテムをつくりたいと考え、ついに、完成したのが、ラウンドプレーントゥです。 パッと見はいたって普通のプレーントゥですが、まず特徴的なのは、先端が少し丸みを帯びたラウンド形状になっていること。 さらに、コバが少し張っているため、コロンとした愛らしい表情をしています。 先端が丸いと可愛らしい半面、ともすればヤボったく見えるものですが、土踏まずの位置にあたる内側がくびれています。 このくびれによって、全体で見るとシャープな印象になり、ヤボったさは微塵も感じません。 このくびれこそ、本アイテムのキモのデザイン。ここにカーブがあるだけで、ハイブランドのシューズのような顔つきに一変するのです。 また、上から見るとプレーントゥの外羽根シューズですが、靴底はゴムソールになっています。 それも、ソールはカカト部分が30㎜あるラギッドソールを採用。 ラギッドソールとは、ビブラム社が開発したビブラムソールが有名ですが、すべり止めのために凹凸がついたゴム底を指します。 もともとは、アウトドアやミリタリー用途のために開発され、軽量で踏破力が高いため、登山靴などに多く見られる仕様です。 さらに、アッパーとソールの間には止水テープを挟み込み、浸水を防ぐ機能を盛り込んでいます。 ラギッドソールをプレーントゥの革靴に使ったことで、革靴のようでありながら、ダッドスニーカーのような絶妙な塩梅のデザインに仕上がりました。現在のようなオフィスカジュアルが進んだ日本では、ジャケパンスタイルにもハマるデザイン。 もちろん、街着用としてもOK。個人的には、オン4割、オフ6割の用途を想定しています。雨の日でも気軽に履ける便利な一足。 この機会にいかがでしょうか? ●サイズ/ XS(24.5cm〜25.0cm) S(25.0cm〜25.5cm) M(26.0cm〜26.5cm) L(27.0cm〜27.5cm) ※サイズ感は足のヌードサイズを目安に。普段履いているスニーカーサイズから1㎝落としてOKです ●価格/8,800円(税込)+送料 ●素材/合成皮革 ●カラー/ブラック ●お届け時期/ 7月中旬